いろいろ
アミュレットさんでのイベントが終わりました。
わざわざ来てくださったお友達、お手にとって下さった方ありがとうございました。

しかし・・・考えることが満載。
ふー。
ここに書いていいものか、どうしようかな。
でも書いちゃおう。
ながいっす。









今回はですね、びっくりするほど売れませんでした笑

いや、笑い事じゃなくてね。
まずお店に来る人が少なかった。寒いからかなー。
前回はわりとお客さん多かったみたいですが、
今回はお店の人も首を傾げるほど人が少なかったみたいです。


あとは年齢層が!
20代前半という感じのお客さんが多かったかな。

これは完全に私のリサーチ不足だったんだけど、
やっぱりお店の雰囲気が私とは合わなかったんだなー。
お店見に行ったんだけど、それだけじゃわからなかったな。

なんだろう、やっぱり「かわいい」と思うものの基準が違うんだよな。
これは年齢の差かしら。

例えば、ムーミンの「ミー」、私はあまりかわいいと思わない。
ミーをかわいいという感覚。というか。
あとはなんだろー。むー。うまくいえない。

色使いが豊富とか。
ポップ キュート カラフル フェミニン ラブリー メルヘン おとぎ話 パリの蚤の市 少女 乙女 
こんな言葉から連想されるもの。


違うじゃーん。私。
全然違うよ!笑

もちろんアミュレットさんはとっても素敵なお店で、
そしてとっても素敵なお店ということに舞いあがってしまって
私の雰囲気と全然違うことに気がつかなかった私が悪いのですよ!
ええ私があほです。

まあ今回売れなかったのは対象が全然違う場所だった!ということで
そんなにがっかりはしていないのだけれど(負け惜しみじゃないよ!)

でもいい勉強になりました。
もしかして、世の中はこういうものであふれている?
私の趣味ってちょっとマイナー?
なんてことをちょっと不安に思いました。


私は趣味の範囲が狭いというか、もう「これっ!」というストライクゾーンが決まっていて。
それはいい時もあるんだけど、
なんだろ、自分の趣味は趣味として
今どんなものが売れているのか。なんてことをもっとリサーチしていかないといかんなあと思いました。

「求められているもの」と「自分が作りたいもの」が異なる時
どうやって向き合うのか。
これはものを造っている人だったら、必ず向き合わなきゃいけない問題ですよね。


石けんのことにしてもそう。
なんだろ。
かわいらしい石けんを作ったり 
毎回毎回違うレシピでいろんな石けんを作ったり。
いろんなオプションを使ったり。
そういうことはなんだかもう違うという気がしている。

なんとなく「売れる」石けんというのは
ピンクを使っていたり、みずたまだったり。デザインがかわいかったり。
珍しい素材を使ったり。

うーん。
でもピンクはそんなに好きじゃないし、
みずたまのコンフェ入りの石けんって使いにくいと思う。
最後にみずたま部分だけ残ったり。
ハーブを上にのっけるのも好きじゃない。
だって使いにくいし・・・落ちたハーブは詰まっちゃうよ。
凝ったデザインの石けんよりも、何も入っていない四角い石けんが好きだし。
常に手に入る素材じゃないと、定番にはならないし。

なんだかこうやって書くと全く夢がなくて現実的・・・・
でも、たまに作るのはいいんだけど、それを「定番」にしてしまうのはちょっと考えてしまうんだよなあ。
これからもずっと作っていく!ものとなるとちょっと足りない。


売れ筋がわかっているなら、それを作れよ!って感じなんですが、
それが自分のこれだ!と思うものと違っているとやっぱりためらってしまう。

だからといって、あまりにも自分の主張ばかりして
全く売れなくなってしまったら本末転倒。

だからやっぱりちょっとはお客さんの目を意識して
「売れる」ものを作っていかなきゃ商売としては成り立たない。

私は趣味でやっているわけではないので、
そのへんはどこまで妥協、妥協って言葉悪いけど
折り合いをつけていかなきゃいけないなーと思います。


そもそも台所用として販売するのはよかったのか?
なんてことはいつもいつも、決定した今でも考え続け
ぐらぐら揺れている。

普通に雑貨として販売したほうが楽じゃーん。
どうしてわざわざそんなめんどくさいことするの?
値段も高くなるし。費用もかかるし。


そうなんだよね。そうなんだけどさ。
やっぱりメリット、デメリットそれぞれあります。

でも私はどうしても台所用として販売したかったし、
この形で販売していこうと決めたのだ。
私のやりたかったことはこの形でしか実現ができなかったわけだし。


毎月違う石けんをネットで販売している時、
すごく売れた時期もあった。
飛ぶように売れてしまうのは嬉しくもあったけど、
毎回違う石けんを並べているのはなんだか違う気がしていた。
またあの石けんがほしい!といわれた時、心苦しい気がしていた。

私は今販売している石けんには、自信と誇りを持っているし、
そもそも、そんなに胸を張って販売ができるレシピはそんなに簡単には作れなくて
今の10種類が(今は)限度。
いつもベストの定番石けんがお店に並べてあるという状態で販売するのが
一番しっくりする形だと思った。

そんな思いが詰まっているから
そんなに安売りしたくないという気持ちもある。
そして嫌な話ですが、採算が取れないと商売としては成り立たないしね。
商売として成り立たないなら、私は石けんの販売をやめなければいけない。
そんなの嫌だー。続けていきたい。



でもまだこの販売形態で3ヶ月も経っていないのだ。
色々悩んで葛藤して迷うことはあると思うけど、
まだまだやれることはたくさんあるし、
しなきゃいけないこともある。


とりあえずこの形が今の私のベストの状態であって、
しばらくはこれでがんばってみようと思う。


ということでまだまだがんばらなければいけないのだ。
今週末は鬼子母神手創り市です。


ああ、愚痴をたくさん書いてしまいました。
ごめんなさい。
でもここに書いたらすっきり。
また明日からがんばります~

それより引越しの準備を全くしていないので、
そっちもやらなければいけないのだった。
明日こそはやらなきゃ。






*******************************************************************





[PR]
by rucysoap | 2010-12-14 02:41 | その他雑記
<< 新商品とお休みのお知らせ 明日はイベントです >>