カテゴリ:せっけん雑記( 10 )
なんだかなあ
なんだかなあ。

毒吐きます。

もうめんどくさいよ。はっきりいって。

どうしてそこまで言われなきゃいけないかね。
石けん作ってる人に、石けん販売していた人に。

販売しないのはその人の勝手であると思うよ。
でも「販売やめましょう」とかよびかけるというか
人に促すのはまあその人の勝手だけど
呼びかけられるほうからしたら迷惑です。
ほっといてください。
いいじゃん、もう。


まあ逆切れみたいなもので
図星だから余計腹が立つんでしょう?

理由は何であれ不愉快を不愉快というのこそ私の自由だ。



じゃあやめればいいんですね。
やめればいいんでしょう、そーすればいいんでしょう。
それがお望みならそうしましょうよ。

そのような問題ではないことは百も承知ながら
ついそういいたくなってしまうよ。

あーあ。

私はどうして石けんを選んだんだろう。
石けんは好きだけど、ものを作るという上で
石けんでなければこんな問題にぶちあたることはなかったのにね。

石けんはものづくりという枠には入れないよね。
だって販売できないんだもの。
不特定多数の人に使ってもらうことを前提として
ものづくりってあるんだと思うよ。
販売しない職人さんっていないもの。



私はものづくりがしたかったなあ。
ものを作る人でありたかったよ。
石けんを選んでしまったことは間違いだったんでしょうか。
きっと間違いだったんだろうね。

私はこの問題にまだ結論が出せないでいます。

あーあ。


あえてコメント欄閉じます。

毒でした。
[PR]
by rucysoap | 2011-12-16 01:15 | せっけん雑記
あまのじゃく
私はあまのじゃくです。

あれがいいよと言われると あらそう?と思うし
あまりよくないねと言われると すごくいいよ! と思う。

最近の石けんの販売問題について。

ごめんなさい(得意の先に謝る)
たぶん失礼で勝手なことを書くので、気分を害される方も多いでしょう。
でも最近の私爆弾ばっかりなのでもう仕方ないか(?)

私は今の状況に関係なく
震災がおきてからだんだんと石けん販売への威力がなくなってきて
いまだネットショップも再開せず、今後も再開の目処が立たず・・・みたいな状況ですが
そうじゃなくて、今もバリバリに販売していたらどうだったろう。

ねえ、いいの?この状態で。
販売している石けんやさん この状況困るよね?

私は今販売していないけど困るよ。困る。困るでしょ。
この状況をなんと表現していいか、わからないんだけど
とりあえず困る、と思った。


私はね、石けんの販売を6年ぐらいやってきた。
石けんが私に与えてくれたものは計り知れないです。
石けんを知ったことでいろいろなことが変わった。
大変なこともいっぱいあったけど、石けんがなかったら今の私はなかったといえる。
そのへんはみんな同じでしょう、きっと。

でもそれはね、石けんを販売することで自分が成長したんですよ。
石けんを作ること、だけではないの。
販売をするということを通じて、その緊張感とか、真剣さとか
そういうものが今の自分を作ってきたといえる。

私は販売を始めた当初から言っていたけど
趣味でやっているつもりはなかったし、仕事としてやっているつもりだった。

そうやってコツコツ積み上げてきたものが
今更の「石けんの販売ってどうなのよ?」という意見で壊されちゃっていいの?
今までの私の努力どうなっちゃうのさ。


ええ、ええ、こんなの私のわがままっていうか、
「法律違反なんですよ」の一言で片付けられちゃうのは百も承知です。
それでも困るよ!
何でいまさら!
それも石けんを作っている人がそれを唱えるって。
茶のしずく?
私は茶のしずく石けん、作ってないから。


わかってるよ、みなさんのおっしゃること、よーくわかってるよ。
だって私自身が常に葛藤してきたことだし
もっともだと思う。

じゃあさ、私の今までどうしたらいいの?
私のこれからどうしたらいいの?

(そんなことしらないよ。法律違反してたあなたが悪いんでしょ)

わかってるけど。
私は石けんを販売していきたい。

石けん教室はひとつの手段としてやっているけれど
私はメインの活動として、石けんを「伝えていきたい」わけではない。
石けんを作っていきたいけど、それは使って、つまり買ってくれる人がいてこそ、でしょう。
ただ作っているだけでは、趣味で終わりだ。

私は石けんや石けん周りのことを作っていくことで
表現をしていきたいと思っているし
それは教室を開いて伝えていくこととはまた違うことなのだ。
あくまでも私は作って、表現をしていきたい。
そしてそのためには販売という方法が不可欠であると思っている。

だから困るのだ。


まあ、私1人が困る困ると騒いだところで、なんら変わることもないであろうし
元々おかしいものであったという事実は事実であるし。
それでもやっぱり困るんですよ。

だって誰も言わないんだもん。困るって。
それをいわないこと、それこそ、綺麗ごとってもんです。

「販売やめましょう」
とか、まあそれじゃなくてもいいんだけど
そういう類の記事を書くことで、困る人がいるという自覚を持って
書いてもらいたいと思うのです。

販売で生計を立てている人がいて、販売が成り立たなくなったらどうするのかなあ。
まあ、元々それが間違っているんだからこれを機会にやめたら?ってなもんですが、
みんなそこまで考えてる?
そこまで考えて記事書いてる?(考えている人もいるでしょう、もちろん)

私はね、みなさんがそこまで悪意を持ってるなんて考えていませんよ。もちろん。
でもきっとこういう雰囲気になって、きっと悩んでる
気まずい思いをしている石けん屋さんも多いでしょう。
そういう事実もまた、きちんと把握してもらいたいんです。
石けんを作っている人だからこそ、わかる葛藤をね。


ということで本題のあまのじゃく。
私はやめないよ。今のところ。

というか、もうイベントが以前から決まっていたのでそれに出ます。
12月3・4、7-11日に高円寺ハチマクラというお店でイベントをやります。

どさくさにまぎれて宣伝しちゃおう。
私の友達と協力し合って実現したイベントです。
みんなそれぞれが得意なことを協力し合って完成させたイベント。
私の石けんも久しぶりに販売するのでよかったらぜひ!
(また改めてきちんとイベントの紹介はするけど・・・)



b0147907_0565647.jpg



b0147907_104255.jpg



(クリックでおおきくなります)



私は今は他にやらなければいけないことができて
物理的に販売を続けるというのはなかなか難しいけど
やめたくないなあと思った。思っている。

販売をやめる時は石けん作りをやめる時だ。
自分用の石けんは作るけど。
「Rucy」という名を捨てる時。
表現をしなくなったらRucyという名前はいらないのです。
だからなかなかやめられないのだけれどね。
引き際ぐらいは自分で決めたいよね。こんなに馴染んだ名前だから。
このぐらいではまだ捨てられないのです。


いろいろ自分勝手なことを書いてしまいましたが
誰か特定の人に向けて書いたわけではありません。
そして誰かを恨んでいる(笑 わけではありません。

でも誰も書かないからね、どうしてだろ。
いろんな葛藤を理解した上で
それでもやっぱり「困るなあ」と思う感想でした。



最初から石けんを作る(販売する)ことで表現しようと思っていたのが間違いだったのか。
とかそれをいっちゃうと元も子もなくなるが、
まあそういうもんなんでしょうね。
でもやっぱり困るんだよね。やっぱり。(エンドレスになるのでやめよう)



以上。
[PR]
by rucysoap | 2011-11-20 01:04 | せっけん雑記
大切なおしらせ
こんにちは。
今回は大切なお知らせをふたつ。

ひとつめ
9月19日(日) 鬼子母神手創り市に参加します。(あまり大切じゃないかも・・・)

ただご存知の方もいるかもしれませんが、
鬼子母神の手創り市では手作り石鹸の販売に規制があります。
こちらを参考にしてください。
つまり雑貨扱いの石けんは販売できないことになったということです。
洗濯・台所用の石けんの販売(化粧用はいいのかな?ちょっとわかりません)のみ可能になりました。

その市に私が参加するということは・・・・
私も今後は雑貨ではなくて台所用として石けんを販売していきます。
これがふたつめの大切なお知らせです。


台所用石けんとして販売すること。
これは去年ぐらいからずっと考えていたことでした。


台所用って?今までと何が違うの?という方のために。

今まで私は「雑貨」として石けんを販売してきました。
雑貨ですから、もちろん石けんの効能(保湿とか美白など)は書いてはいけないし
(そもそもそういうものが本当に存在するのか疑問に思っていますが)
「泡」に対することも書けない。
説明として書けるものは本当に入っているものとか、香りとかそのようなものだけです。

雑貨ですから本来の意味の「泡を立て使う石けん」ではないわけです。
雑貨というのは例えば置物とか、見て楽しむ、香りで楽しむ。といった感じ。
そんなスタンスで販売をしていました。
使用はお客様の責任において・・・・という形をとらせていただいておりましたが、
まあそんな感じでしか販売ができなかったわけです。



一方台所用石けんとなると、「石けん」扱いになります。
使用はお客様の責任において・・・・というのは変わりませんが
これで何が大きく変わるかというと、表記が多少自由になります。
「石けん」ですから、泡についての記述や洗浄力などについても説明することができます。
私の場合は雑貨と台所用とでは、レシピは異なるものはありますが、
基本的な作り方はほとんど一緒です。

しかし「台所用石けん」として販売するためには「家庭用品品質表示法」に基づいた表記が必要になります。
この表示には色々あるのですが、まあ一番大きなものとして「成分表示」
石けんに含まれる純石けん分が何%あるか・・・というのを表記しなくてはいけません。


ざっと違いを述べるとこんな感じでしょうか。
私が台所用として石けんを販売したいと思ったのは
自分自身が雑貨として販売していくことに限界を感じていたというのが大きい理由です。

そのひとつに石けんの説明の問題があります。
私の石けんは泡を基準に作っています。
どうしてこのオイルを選んだのか、どうしてこの組み合わせなのか。
このオイルを使うとどんな泡ができるのか。
それをもっと理解して石けんを使ってほしい。
そのためには、泡に関する説明ができる「石けん」として販売したい。
そんな想いがありました。

また法律に基づいた販売方法をしたかったから。というのもあります。
「雑貨」として販売しているのが法律に違反しているというわけではありません。
上記に述べたように、書いてはいけないことをかかないこと。
これを守れば法律に違反していることにはならないと思います。
(まあグレーゾーンなのですが・・・)

ただ雑貨として販売している方の中には
あきらかに違反をしている方も見受けられます。
(石けんの効能を謳ったりすることです)
私が出展していた東京鬼子母神の手創り市では事実そのような方がいたため、
一時は手作り石けんの販売が中止になりました。
(その後台所・洗濯用はOKになりましたが)
また成分表記をしていない石けんの販売を中止したレンタルカート(ネットショップなどに使うものです)
もあると聞きました。(今はどうなんでしょう。わかりませんが)
そのような中でも将来的に不安があったのだと思います。


そして購入してくださるお客様には大変申し訳ないのですが・・・
先ほど述べた成分分析(成分表示)は専門の業者に依頼するため、大変費用がかかります。
そのため今後多少石けんの価格が値上がりします。


石けん自体は変わらないのに、値段だけ上がるの?とおっしゃるお客様もいらっしゃるかもしれません。
私の石けんは、デザインを重視したり目新しいオプションを使ったりするものではありません。
ただ、今後販売する石けんは全て私が何度も何度も試作して
そのひとつひとつが自信を持って販売できるものであること。
より詳細に石けんについてご説明できること。
純石けん分の量の表記があることで、選択の範囲が広がること。
そんなことを理解していただけたらと思います。

事実純石けん分の量とディスカウント率というのは全く違います。
オイルやオプション、水分に何を使うか、といったことで純石けん分の量も大きく変わります。
そんなことも見てもらえたらと思っています。


長くなってしまいました・・・
ここまで書いておいてなんですが
ネットショップを9月下旬から10月上旬に予定していましたが、
延期になりそうです。申し訳ありません・・・
今後ネットショップで販売する石けんも台所用石けんとして販売します。
その時はまたご連絡いたします。
どうぞよろしくお願いします。


また最後に・・・ちょっとえらそうなことを書きます。すみません。(先に謝る)
「台所用として販売するためにはどうしたらいいか」という質問を受けることがあります。
私自身、石けんを台所用として販売するためにある方にアドバイスをいただきました。
なので「教えない!」などというつもりはないのですが、
一度経済産業省の「家庭用品品質表示法」のサイトをご覧になってみてください。こちらです。
ここに大体のことは書いてあります。
私が1から10まで教えることはできないのです。

私自身ここにたどり着くまでとても苦労しました。
役所に何度も通ったり、電話で何度も問い合わせてけんかになったり。
そしてとても悩みました。
でもこうして悩んで、苦労して得たことは私の財産だと思っています。

そして私が答えたことは、決して正しい根拠にはなりません。
やっぱりご自身で直接確認されたほうがいいのだと思います。


長々と失礼しました。
きっとこれから何度も葛藤も困難もあると思うのですが、
自分が決めた方針で精進していきたいと思っています。

そしてこの内容はこれだけでは書き足らないので(まだ?)
きっと今後もブツブツ書き続けると思いますが・・・


失礼なことも書いてしまったかもしれません。
でも手作り石けんがもっと正しい形で世の中に認められるようになるために
努力していきたいと思っているのは皆さんと同じなのです。
どうぞよろしくお願いします。











*******************************************************************


[PR]
by rucysoap | 2010-09-09 02:56 | せっけん雑記
夏場の保管事情
またご無沙汰してしまいました。
みなさんお元気ですか。

にっくき夏!
暑いのもいやだけど、何が嫌って石けんが酸化するのがいやなんですよー。
きっとこれはみんな同じですよね。

保温はなんとか調整できても
そのあと乾燥・熟成させる場所がないのよ。
1人暮らしだったときは本当にこれに頭を悩ませたものでした。

ちょっと余裕ができた今、重宝しているのはこれです。

b0147907_1693625.jpg



キャパティドライボックス。
カメラ関係の友人に教えてもらいました。
本当はカメラの道具をしまっておくみたいですね。


b0147907_1611388.jpg

こんなんです。
中に乾燥剤などを入れ、密閉すると湿度が下がってきます。

しかし石けんの発する水分ってすごいんですねえ。
作ったばかりのせっけんの場合、
ものすごい量の乾燥剤を必要とします。
これでなんとか湿度50%を保つようにすると、石けんもしっかり乾燥してくれます。

まあ乾燥剤をたくさん使うとか、早く包まないと脱臭までされてしまうとか
いろんなデメリットもありますが、
エアコンつけっぱなしよりはいいかなという感じです。





あとはこれ。

b0147907_16121937.jpg

ジップロックのバキュームタイプ。
これは日本じゃ販売してないみたいですね。
ネットショップで買いました。
これでシュッシュッと空気を抜くわけです。
空気を抜いた後はこんな感じです。







b0147907_161240100.jpg

結構ちゃんと空気が抜けます。
でも抜きすぎて形が変形しないように注意。
主に販売用以外の石けんたちに使います。
こんなになったら後は冷蔵庫へ。
繰り返し使えるので経済的。





さらにこれ。


b0147907_1613110.jpg

シーラーとガス袋。
これに脱酸素剤を入れて、酸素を入れないようにする。
ご存知これは販売用に使います。
これに入れるのは最後かな。
封をして冷蔵庫に入れると中の石けんは汗をかきません。
便利!










最後にこれ笑


b0147907_16131975.jpg

ワインクーラー。
これを買ったのを覚えている人いるかな~
(以前のブログに書いた)
最初にでるイベントの前に買いました。
はりきりっぷりがわかりますね笑

いや、笑っちゃいけませんよ。なかなか便利なんですってこれ。
特に型だし前のべっちゃり~な石けんを2日ほど入れておくと
すんなり取り出せます。
ま、下に水がたまってしまうという難点はありますが(新聞紙をひいてる)
なかなか便利です。






最初の1ヶ月ぐらいはワインクーラーやドライボックス。
乾燥が進んできたら、空気を抜いて冷蔵庫へ。
なんていう順番で使いまわしています。

でも順番に使いまわしているので、ちょっと気を抜くと
後がつかえてる!なんていうことになって大わらわです。

夏場の保管は本当に気も体力もそしてお金も使うんだわ~
でも9月に予定しているイベントのためにがんばらねば。




まあこんなに嘆くのもあとちょっと。
夏は嫌いだけれど、終わってしまうとなるとちょっと寂しい気がする(しないか?)
なんだかお祭りみたい。
祭りの後・・・にしては暑すぎますが、
四季の楽しさを感じていこうかな。(楽しくないけど)










*******************************************************************




[PR]
by rucysoap | 2010-08-23 11:43 | せっけん雑記
石けん作り
こんにちは。
ネットショップは終了いたしました。
お買い上げくださった方、除きに来てくださった方
ありがとうございました。
次回は9月下旬か10月頃を予定しております。
よろしくお願いします。


昨日は久しぶりに石けん漬けの1日でした。
1日で4バッチ。いや~がんばりました。

といってもキッチンソープやら実験石けんばかりでしたが。。


この夏日にミリスチン酸を使ってのキッチンソープなんて!

b0147907_13504953.jpg

型入れして30分ぐらいでシリコンモールドの蓋が
くもってきました。発熱!
(写真適当ですみません)





普段私は割りとストイックに石けんを作っているので
楽に自由に作れるキッチンソープは本当に息抜き。
トップに模様なんかつけたりして
こんなことは普段は絶対しないです笑
私にもできるじゃ~ん。よかった。


1時間後ぐらいにはもうジェル化。
でもキッチンソープだからへっちゃら。自宅用だし。
そうそう、教室でよく「ジェル化」ってどんな状態ですか?と
聞かれることが多いので写真を。


b0147907_1355439.jpg


石けんの中心部からこんなふうに熱が上がって
色が変わってくることです。
最初はびっくりしますよね~
私もこれがキッチンソープじゃなければ泣いているところです。
これは結構強烈なジェル化の方。
普段はもう少しゆっくり発熱して、ここまでの変化はありません。



ここまでジェル化してしまったら、
あとはもう全面ジェル化させるのみ。


キッチンソープの後は実験石けん。


b0147907_13592616.jpg



ベースはマカダミアとあるオイル(まだ内緒です笑)
写真左上はノーマル、右上は蜂蜜、左下は豆乳、右下は牛乳。
(型入れ直後です)
色の違いがはっきりわかっておもしろいですね。


マカダミアナッツオイルはとても個性が強くて(と私は考えます)
単独で使うのが一番よいと思うのだけれど
やっぱり他のオイルと組み合わせてみたい。

でもマカダミアの個性を消さずに、
さらにそのよさを引き立たせるオイルというのは難しくて・・・
でも一度試しにあるオイルと組み合わせてみたらとてもよかった!
これならマカダミアといけるかも。

さらにオプションの話。
長くなるのでたたもう・・・


More
[PR]
by rucysoap | 2010-08-06 15:00 | せっけん雑記
ネットショップのお知らせと・・・

b0147907_15241539.jpg



ネットショップのお知らせです。

遅くなりましたが、6月8日(火)21:00~ ネットショップオープンします。


今回は上の写真のように袋に入れてお届けです。
酸化防止のため脱酸素剤を入れ、ガス袋に入れています。

よくお菓子なんかが入っているあれですね。
手で簡単に切れます。

このまま冷蔵庫に入れても出した時汗をかかないので便利です。

プレゼント何かにされる時は
袋から開けてもそのままでも。
でもすぐに使わないようでしたら、そのまま袋の中に入れておくことを
お勧めします。


今までよりちょっと重くなってしまうのですが、
この袋はサービスで入れさせてもらってるので、それでどうにかならないかな。。(すいません)


前回よりだいぶ間が空いてしまいましたが・・・・

6月はイベントに参加はせず
ネットショップのみになります。

どうぞよろしくお願いします。



話は変わって最近のこと。

b0147907_15342788.gif


先月行ってきた。サカナクション in zepp Tokyo

若者にまぎれていってきました。1人で!
しかもオールスタンディング



でも逆にライブハウスなんかで真っ暗で団子になっちゃうと
誰かなんだかわからなくなって
それをいいことに、思いっきり飛んで跳ねて、叫んで踊ってきました
本当にバケツ3杯分くらいの汗をかいて

私の中にもまだこんなパワーが残っていたことを
ちょっとびっくりして、ちょっとうれしく思う

今度は武道館
絶対いく!
その前にWORLD HAPINESS が気になる。。
今年は音楽の年!




b0147907_1549595.jpg


そしてもうひとつ
パーソナルカラーを見てもらいました

私は夏or 冬で
何よりもブルーベースのものを選ぶとよいのだそう

青!
やった~
自分の好きな色と似合う色が同じなんて
うれしいことこの上ない!

この写真は私に合う色のサンプル
うふふ
好きな色ばっかり


お知り合いのKAORIさんにみてもらいました
彼女とは石けん教室が縁でお知り合いに
興味がある方はご連絡してみてください

ではネットショップ
がんばらねば!



[PR]
by rucysoap | 2010-06-03 15:59 | せっけん雑記
ALKU’MIさんへ
先日のことですが、鎌倉のALKU’MIさんへ石鹸を納品しにいってきました。

ALKU'MIさんは4月にお引越し、CLOUD BLDへ移転しました。
CLOUD BLDには4つのお店が入っていて
どのお店も本当に素敵なお店です。

4月10日にオープンされたのだけれど実は納品のため
オープン前にちょこっとお邪魔して
その素敵さにびっくりしたのでした。

b0147907_2031756.jpg







鎌倉駅西口からバス通りを歩いていくと、大きな窓が現れます。
もうこれだけですてき。





b0147907_204041100.jpg


お店は古いものや洋服など素敵な雑貨がいっぱい。

b0147907_20384378.jpg

b0147907_20471812.jpg

b0147907_20415087.jpg


ディスプレイも品物も、全てがとっても素敵な空間です。
おまけにカフェまであるので
ちょっと一休みして何を買おうか・・・
なんて考えるのもいいですね。

肝心の石けんの写真ですが。。
この日に納品したためディスプレイした写真がありません。。

CLOUD BLDさんは最近発売された
HanakoやOZmagazineとかにも
掲載されていたのでご存知の方も
多いかもしれませんねー
こんなすばらしいお店に私の石けんを置かせてもらっているかと思うと
恐れ多い気持ちです。。。




鎌倉まで来た方はぜひ!

b0147907_2164558.jpg

CLOUD BLDG
ALKU'MI

神奈川県鎌倉市由比ガ浜2-5-20 1F






さて、肝心の私ですが
最近なぜかやる気が全く起きません。。
落ち込んでいるとか、そういうことではなく
ただ本当に何もしたくなくて、何もしていないだけ。

なんだろ。燃え尽き症候群?
いや、まだ燃え尽きてないし。

そんなわけでメールのお返事が遅れたりしています。。ごめんなさい。
(パソコンも開けてなかったりします)

石けんも早くしないと酸化しちゃうし・・・と思いながら何もせず
今日久しぶりに見たら酸化してた・・・涙

でも近いうちにネットショップはしたいと思っています。
5月下旬か6月上旬かな。

いい加減に重い腰をあげなくては。



b0147907_2154888.jpg



 

[PR]
by rucysoap | 2010-05-26 21:14 | せっけん雑記
環境問題とレシピ
こんばんは。
さて今日はちょっとまじめなお話です。

石けんを作って、販売してて思うこと。
「石けんは本当に環境にいいの?」ということです。


そもそもなぜ石けんが環境にいいと言われているのか?

石けんは有機物で出来ているから水に分解されやすい。
従って水質を汚染することもない。
というものですね。(大雑把ですみません)

ただ石けんの唯一?の欠点。
使う量が合成洗剤に比べて多いということ。(特に洗濯ですかねー)
いくら分解されやすいといっても使う量自体が多かったら同じですよね。

そんなことを考えている時お知り合いの方からこんなお話を聞きました。

「全ての人が石けんを使ったら環境は破壊される」(だったかな、そんなようなこと)

(石けんを作っている方の自宅で)配水管が詰まって油だらけだったということ。

うーん。
確かに石けんは合成洗剤よりは環境にやさしいかもしれないけれど、
合成洗剤を使う人がゼロになってしまったら環境にやさしい。
なんていってられなくなってしまいますよね。
分解しきれない有機物だらけ。
要はバランスの問題なのでしょう。
何でも自分ひとりだけで成り立っていると思ったら大間違いなのですね。


じゃあ石けんを作っている私にできること。
スーパーファットはもうやめようと思いました。

(スーパーファットとは最初からオイルを混ぜるのではなく、型入れの直前にオイルのみを石けん生地の中に混ぜること。
それによってオイルの成分を石けんにせずにそのまま残す・・ということ)



私はまだ配水管の掃除をしたことがないので、
自宅のそれがどうなっているかわからないけれど、きっと多そうだなあ・・・・

もともと過剰油脂で作っている石けん。
過剰油脂でつくっているということは、石けんになっていないもの(油脂など)が何%か残っていて
それがそのまま流されます。

ただでさえ、油脂が残っているのにそれにさらにスーパーファットで油脂を加えると
どのぐらい油脂が流れているのか。(わかりません)

幸い私はスーパーファットの存在がそんなにわからない体質・・・笑
いつも入れる時は、
このレシピだとちょっとさっぱりするかな。
じゃあスーパーファットでちょっと足そう。ぐらい。

ちょっとさっぱりするかなーと思うのなら
初めからレシピを工夫していけばいいと思いました。
(これがどうしてもスーパーファットじゃなきゃ嫌だと思ってたらどうしたかな。わからないです)

今まで販売していたキッチンソープもディスカウントは0%だった。

私は石けんを作っている量や、使っている量は
たぶん一般の人と比べたら多いほうだと思います。(多いよね?かなり)



さらにその石けんは私の手から離れた後、様々な場所に渡っています。

そんなことを踏まえると、私個人の問題ではなく
手にとっていただいた方、全てに関わってくるような気がしています。

石けんは小さいものだけれど(私のはね)
この小さい石けんの中にいいことや悪いこと、役に立つことや立たないこと、
危険なことや安全なこと。
いろんなことをたくさん秘めていますね。

石けんを作成、販売していくということに、
もっときちんと責任を持って取り組んでいかないといけないと思うのです。








なんてえらそうなことを書きましたが、
実はスーパーファットのお話はしゃぼんmamaさんから聞いたのでした。(コラ!)
でも不思議なことに1ヶ月ぐらいの間に似たような話を何回か聞く機会があって
きっと今がやめる時なのねと感じました。
(mamaさん、その節はありがとうございました)




たおさんいわく「石けん宗教」(笑 知ってます?)の時期はもう卒業したと思っていたけれど
こんなところに落とし穴が!って感じです。


私にとっては no soap no life ですが、
全ての人がそうではないし、そうなってもまたいけない。
それを忘れないでこれからも石けんを作り続けて行こうと思います。


b0147907_2234077.jpg 


 

[PR]
by rucysoap | 2010-05-07 02:56 | せっけん雑記
化学とかハーブとか

b0147907_22473841.jpg


ちょうど1年前二人展を行いました。
個展の名前は「Chemical Laboratory phyto animal」
あの頃は植物化学やハーブに対して興味はいっぱいあったけど、
ものすごく無知でした。。

ちょうどその頃買った『メディカルハーブの辞典』。買ったばかりの頃はなんだかさっぱりわからなくて、
とりあえず読んで、ネットで調べて・・という感じでした。
1年たった今読んでみると内容がよくわかるようになっていました。
ハーブの成分、ポリフェノールの種類、精油の成分。
今ハーバルセラピストという資格を取るために勉強しています。


合わせて最近行っている石けんWEBさんのフィトケミカル講座では
水溶性、脂溶性の成分や植物化学について詳しく教えてもらっています。

やっといろんなことがつながってきました。
どうしてエキナセアが免疫を高めると言われているのかとか、
(エキナセアに含まれる多糖類が免疫細胞マクロファージを活性化させるから)
どうしてラベンダーは温浸法が向いているのに、セントジョーンズワートは冷浸法がいいのかとか
(脂溶性分、精油成分などが多く含まれているものは温の方がよい)
どうしてリノレン酸が多いと酸化しやすいのか
(2重結合が多いと、安定性が悪く「手」が切れやすい。
切れてしまった「手」は酸素と結びつきやすい。リノール酸は2重結合が3つで多い)
なんてことが少しずつわかってきました。

そういえば、勉強を始める前に思っていたこと。
インフューズドオイルで作った石けんの方が酸化しにくい。
それは当然なんですね。
植物の一番の成分といったら抗酸化力。(ローズマリーが一番だそうです)
そのおかげだったんですね(今更・・)


そうそう、先日のフィトケミカル講座でのおみやげ。


b0147907_16154872.jpg



温浸法でのカレンデュラインフューズドオイルです。すごい色ですよね。
カレンデュラというと冷浸法というイメージがありますが。
先生の話によると、温浸法でも問題がないのでは?という話です。
そもそもなんでカレンデュラは冷浸法がいいと言われているんでしたっけ?
精油成分が少ないから?うーん・・


カレンデュラの効能と言えば創傷治癒ですが、
創傷治癒と言えばカレンデュラに含まれるカロチノイド!

カロチノイドは脂溶性ですから、このオレンジ色を出したいと思えば
温浸法のほうが効率がいいわけですよね。
単に精油成分が少ないから冷浸法がいいとも言い切れないところが
めんどくさいけど、面白いです。
要は何を抽出したいかってこと。

(まあ創傷治癒は性格にはカロチノイドの成分だけではないのだけれど
一番多い成分と言うことで)

最近ちょっとマニアックな話が多くてすみません。
でもこうやって自分の頭の中を化学でいっぱいにして
試験に臨む体制を作ってます。(もうすぐ試験)
[PR]
by rucysoap | 2009-10-29 23:11 | せっけん雑記
フィトケミカル講座と紅花
第2回目も行ってきました。フィトケミカル講座。
b0147907_175111.jpg



今回はフィトケミカル(植物化学成分)の抽出方法についてです。

皆様ご存知のように植物には色々な成分が含まれていて、
私たちはそれをどうにかして、抽出しようとしてインフューズドオイルを作ったり、
チンキを作ったり、ティーを作ったりするわけです。

でもその有効成分は脂溶性、水溶性に分かれていて、
本当にこの抽出方法で抽出できているのだろうか・・・と不安になったりしていました(私)

あ、今回長いので折りたたみます。

More
[PR]
by rucysoap | 2009-10-07 21:16 | せっけん雑記