ありがとうございました その1
ずいぶんと放置してしまいました・・・

色々考えましたが、やはり活動を休止しようと思います。
再開のめどが立たない休止ですが。

去年の話ですが、本当にいろいろありました。

あの地震以来自分がとても変わったと感じます。
何が大切で、何がそうじゃないのか。今自分に必要なものはなんなのか。何を大切にしたいのか。
何が残って何を残したいのか。。そんなことを考えさせられました。


残したいのは石けん作り(販売もね)ではなかった。
毎日心配して暮らしていた時に心穏やかにしてくれるのは石けん作りではなかったというのが
私にとって意外でもあったし、でも納得のできるものでもありました。

ものを作るってなんでしょうね。
本当は「こんな時こそ私には作ることしかできない」とかいって作るべきなんでしょうか。
私にはそれができなかったなあ。
私にとって石けんはそれだけのものだったのか。
まあそうだともいえるし、違うともいえる。

まあそんな小難しいことはおいといて、
要は私の中で石けんを作るということがどこかにぶっ飛んでしまったの。
そしてまだそれは私に帰って来ません。
いつか帰ってくるのかな。わかりません。

でも昨日久しぶりに石けん棚を開けたら、石けんの香りがぶわ~っとして
その香りをかいだら
「ああ私は石けんからだいぶ離れたところにきてしまったなあ」と感じた。

石けんの販売についてはもう一段落ついたのかしら。
私はね、販売に反対じゃないよ。しつこいけど。
それは個人の自由だと思う。
でも販売する人はルールを守ろうよ。書いちゃいけないことはいけないんだよ。

肌に優しいはだめだよ。
保湿たっぷりももちろんだめだよ。
「たっぷりの泡」も雑貨だったらだめだよ。
台所、洗濯用とするならちゃんと検査受けてね。
泡に関することも雑貨だったら書いちゃいけないんだよ。
パッチテストも書いちゃだめだよ。だって肌に使う前提になっちゃうしね。
あと何?
ブログで使用感を書いて、リンクするのもよくないと思うよ。
それじゃ肌にいいといってるのと同じだよ。
あとフリマとかで販売するのはちょっと危険だなーとおもう。個人的に。
手作り市と何が違うの?って感じだけど
やっぱりコンセプト違うと思うよ。フリマとそういう「手作り市」みたいのは。
販売する人はやっぱりポリシーもって販売してほしいと思う。
あと初めて作ったレシピで販売しちゃうのってどうかと思うよ。
せめて2~3回は作って自分以外の人に試してみてからにしようよ。
もちろん自分で試してから販売するのは言うまでもないことだけどね。
個人的にはいろんなオプションを使って何がメインだかわからないほどたくさんあるのは好きじゃない。
それだけ危険な要素を含んでるということだし、何に反応したのかわかりにくいのも困るよね。



あ、そうだ最後に言っちゃおう。私がすごーく気になってることは

「この石けんは 雑貨(台所用) として販売しております」

ってやつ。これ間違ってるよね?

雑貨と台所は別だから。別っていうかここで「台所用」と表記するなら成分分析しなきゃだめでしょ。
成分分析してないならただの「雑貨」石けんだよ。
台所用と書くなら成分分析しなきゃだめでしょ?
と成分分析に高いお金を払った私は思うのでした。



最後にしようと思ったのですが、書きたいことが多すぎるので
何回かにわけて書こうと思います。
スパッと終われない・・・無念だ。

まあでもあと何回かのおつきあい、どうぞよろしくお願いします。
[PR]
by rucysoap | 2012-01-15 21:24 | その他雑記
<< 陶郷展 なんだかなあ >>