料理部

b0147907_1435434.jpg


こんにちは。
最近は涼しいですね。
さらに涼しげな写真で。(意味なし)






ひきつづき食べもののこと。
最近はまっているものは「乾物」と「麹」



この本に出会ってから乾物のとりこ!
乾物、水で戻さなくてもいいんです。
最近ではすっかりこの方法。逆に戻した水をすてちゃうなんてもったいない。


b0147907_14101631.jpg


乾物エリア笑
乾物が増えすぎて新たにエリアを作りました。









あとは麹。
細菌って放射能対策にいいといいますよね。
放射能に効くというよりも、自己免疫力を強くして
その結果放射能に負けない体を作るという解釈だと思ってますが。

そんなんで始めた菌づくり。

最近巷でよく聞く「塩麹」
とっても簡単でおいしいです。
麹(お店で売ってるやつで十分OK)と塩と水だけ。
これを合わせるだけです。

塩麹のレシピはうーらさんのところにも載ってましたのでご参考まで。

b0147907_14171462.jpg








塩麹のレシピはいろいろあるけど夏はやっぱりこれ!(最近寒いけど)
冷やしトマト。
普通の塩の代わりとして使っています。
お肉に絡めて焼いてもおいしい。
でも焼いたらせっかくの麹が死んじゃうんじゃないの?わからん。
低温料理にして食べてます。








つぎ。甘酒。

夏こそ甘酒!
とは常々思っているんですが、市販の甘酒っておいしくないよねー。
おいしいやつは高いし。
ということで自分で作ってみました。

炊飯器があればかんたんにできるらしいけど、家は炊飯器がないので・・・
55~60度を12時間保つって!
でもそこんとこは腐っても鯛。の石けん屋。
温度管理ならまかせろってやつです。




b0147907_14234597.jpg

透明石けんを作る要領でやればいいわけですよ。
湯煎にかけ、そのまま保温箱へ。
私は鍋でやったけどステンレスのボウルとか高温が保てていいかも。

玄米で作った甘酒はそれはそれは甘くておいしいです。
これなら他にお菓子いらないかもー(そうはいかないのだが)


甘酒のレシピ、サイトによって玄米と麹の量がほんといろいろ。
玄米の方が多かったり、その反対だったり。
めんどくさいので同量にしてます。その方が覚えやすい。
この甘酒、寝かせるとさらにまろやかになって
天まで昇るぐらい(どんなだ)おいしい。
透明石けん作れる人なら簡単にできるはず。ぜひやってみて。
(炊飯器があればもっと簡単なのだった)




b0147907_14404229.jpg





先日お友達どうしで一品持ち寄りでおうちに集まりました。
おいしかったし、楽しかったね。
話しているとみんな料理に興味があって
勝手にこの集まりを「料理部」と命名することにしました。
(えっ?ここで?)
料理部、月イチぐらいで集まれるといいねー。






放射能対策なんかではじめた麹づくりが
なんだかどんどん発展して
結局何が当初の目的だったかわからなくなってますが。
でもきっとそれでいいのだと思います。

1ヶ月ぐらい前から比べるとすごく元気になって
前向きに考えられるようになった。
私と一緒に心配して、考えてくれたお友達のおかげ。ありがとう。


私と家族はまだ2人だから、今はここでがんばっていこう。
でも、もし今後・・・ということがあったら
やっぱり決断しなくてはいけないけど
その思いは家族と話し合って、同じ気持ちだったことにちょっと安心した。
今はここでがんばっていこう。

とりあえずはたくさんかもすのだ。





[PR]
by rucysoap | 2011-08-22 14:54 | たべもの
<< そうじのこと たべもののこと >>