夏場の保管事情
またご無沙汰してしまいました。
みなさんお元気ですか。

にっくき夏!
暑いのもいやだけど、何が嫌って石けんが酸化するのがいやなんですよー。
きっとこれはみんな同じですよね。

保温はなんとか調整できても
そのあと乾燥・熟成させる場所がないのよ。
1人暮らしだったときは本当にこれに頭を悩ませたものでした。

ちょっと余裕ができた今、重宝しているのはこれです。

b0147907_1693625.jpg



キャパティドライボックス。
カメラ関係の友人に教えてもらいました。
本当はカメラの道具をしまっておくみたいですね。


b0147907_1611388.jpg

こんなんです。
中に乾燥剤などを入れ、密閉すると湿度が下がってきます。

しかし石けんの発する水分ってすごいんですねえ。
作ったばかりのせっけんの場合、
ものすごい量の乾燥剤を必要とします。
これでなんとか湿度50%を保つようにすると、石けんもしっかり乾燥してくれます。

まあ乾燥剤をたくさん使うとか、早く包まないと脱臭までされてしまうとか
いろんなデメリットもありますが、
エアコンつけっぱなしよりはいいかなという感じです。





あとはこれ。

b0147907_16121937.jpg

ジップロックのバキュームタイプ。
これは日本じゃ販売してないみたいですね。
ネットショップで買いました。
これでシュッシュッと空気を抜くわけです。
空気を抜いた後はこんな感じです。







b0147907_161240100.jpg

結構ちゃんと空気が抜けます。
でも抜きすぎて形が変形しないように注意。
主に販売用以外の石けんたちに使います。
こんなになったら後は冷蔵庫へ。
繰り返し使えるので経済的。





さらにこれ。


b0147907_1613110.jpg

シーラーとガス袋。
これに脱酸素剤を入れて、酸素を入れないようにする。
ご存知これは販売用に使います。
これに入れるのは最後かな。
封をして冷蔵庫に入れると中の石けんは汗をかきません。
便利!










最後にこれ笑


b0147907_16131975.jpg

ワインクーラー。
これを買ったのを覚えている人いるかな~
(以前のブログに書いた)
最初にでるイベントの前に買いました。
はりきりっぷりがわかりますね笑

いや、笑っちゃいけませんよ。なかなか便利なんですってこれ。
特に型だし前のべっちゃり~な石けんを2日ほど入れておくと
すんなり取り出せます。
ま、下に水がたまってしまうという難点はありますが(新聞紙をひいてる)
なかなか便利です。






最初の1ヶ月ぐらいはワインクーラーやドライボックス。
乾燥が進んできたら、空気を抜いて冷蔵庫へ。
なんていう順番で使いまわしています。

でも順番に使いまわしているので、ちょっと気を抜くと
後がつかえてる!なんていうことになって大わらわです。

夏場の保管は本当に気も体力もそしてお金も使うんだわ~
でも9月に予定しているイベントのためにがんばらねば。




まあこんなに嘆くのもあとちょっと。
夏は嫌いだけれど、終わってしまうとなるとちょっと寂しい気がする(しないか?)
なんだかお祭りみたい。
祭りの後・・・にしては暑すぎますが、
四季の楽しさを感じていこうかな。(楽しくないけど)










*******************************************************************




[PR]
by rucysoap | 2010-08-23 11:43 | せっけん雑記
<< 白い薬と緑の薬 始めました >>